Enterprise Blue Ocean ◮

神谷町RPAブログ

  • Blue Prism の製品概要がよくわかるWebページ動画取材記事
  • Blue Prism の Blue Prism 事始め!オンボーディングの記事はこちら
  • Blue Prism の Azure フリー・トライアルの利用手順はこちら
  • Blue Prism で Excelを操作する記事はこちら
  • Blue Prism のベストプラクティス記事はこちら
  • Blue Prism のユーザー・コミュニティこちら。ぜひご参加ください☆

複数の要素が一致してしまうとき ― Match Indexで絞り込む

先日の記事では、UIオートメーションなどスパイ・モードの技術を掘り下げました。

ebo.hatenablog.com

ところで、スパイ・モードを多用していると、うまく識別ができず、複数の要素が一致してしまうことがあります。
こんなとき、どんな解決法があるのでしょうか。

 

 × ボタンをUIオートメーションでスパイ(識別)する

例えば、以下のようなWebページを扱ってみます。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20180711183158p:plain

このページの下部には、ダウンロードのダイアログ(?)が出ています。
このダイアログを、右上の✘ボタンで閉じるために、UIオートメーションでスパイ(識別)します。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20180711183242p:plain

いい感じに識別できました。
念のため、ハイライトで確認してみましょう。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20180711183320p:plain

…オォゥ。。
二か所、つまり下部のダイアログの✘ボタンと、ブラウザそのものの✘ボタンがハイライトされてしまいました。
これでは識別が不十分で、うまく操作できません。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20180711183503p:plain

Warningが出ている…どうしたらいいんだ。。

 

Match Indexを使う

このような状況では、Match Indexを使うことができます。
Blue Prismは、内部的に識別した対象に Index(添え字。枝番みたいなもの)を付けているので、これを活用すれば一つに絞り込めます。
今回は、Match Index=2とすれば、

f:id:EnterpriseBlueOcean:20180711183545p:plain

この通り。ちゃんと一つに絞り込めます。

 

まとめ

Blue Prismでは、スパイ(識別)した際に複数の要素が一致した場合、Match Indexという機能で一つに絞り込むことができます。
こういったスパイ(識別)時のノウハウは、ドキュメント「Browser Automation Guide」にまとまっています。

Browser Automation Guide (Japanese) (Log in | Blue Prism Portal)

日本語化もされているので、一読されると、とても捗りますよ。