Enterprise Blue Ocean ◮

神谷町RPAブログ

  • [特集] Blue Prism の製品概要がよくわかるWebページ動画取材記事
  • [特集] Blue Prism DX にある、Blue Prismの部品一覧はこちら
  • [特集] Blue Prism でExcelを操作する記事はこちら
  • [特集] Blue Prism のベストプラクティス記事はこちら
  • Blue PrismのQ&Aを掲示板(teratail)でやりませんか?

Blue Prism のダッシュボードをカスタマイズする

*** 注意 ***
  • この記事は、コーディング(プログラミング)の話題を含みます。
  • 苦手な方はブラウザバックをお薦めします。
  • 今日の言語は、ストアド・プロシージャ☆
*** ** ***

 

例によって、余裕がない。

シンプルに行こう!

 

Blue Prism のダッシュボードについて、よく言われる話

Blue Prism のダッシュボードタイルを組み合わせて作成します。

タイルは、データソースを選んで作成します。

よく言われるのは

「データソースの数が少ない」

という話ですね。

そして次に言われるのが

「使いたいデータソースがない」

という話。

いやー全く同感です。

じゃあ、どうするか。。(カスタム・データソースを)作っちゃうんだなぁ、これが!

(by ゾルタン)

 

SQL Server にストアド・プロシージャを作る

以下を参照すれば、SQL Server のストアド・プロシージャは、作ったことが無くても、すぐに出来ます。(経験者談)

qiita.com

ただ、作るときにストアド・プロシージャの名前に接頭辞としてDS_を付けてください。

これを付けないと、Blue Prismが認識しません。


作成例は以下です。

ALTER PROCEDURE [dbo].[DS_CustomDS_Test]   

@STATUS_ID INT

AS

IF @STATUS_ID IS NULL

SELECT [statusid], COUNT([sessionid])

FROM [bp64].[dbo].[BPASession]

GROUP BY [statusid]

ELSE

SELECT [statusid], COUNT([sessionid])

FROM [bp64].[dbo].[BPASession]

GROUP BY [statusid]

HAVING [statusid] = @STATUS_ID RETURN

 セッションログから、ステータスを指定して件数を取得するストアド・プロシージャですね。

 

作成したら、権限を付与します。

GRANT EXECUTE ON OBJECT::[dbo].[DS_CustomDS_Test]

TO bpa_ExecuteSP_DataSource_custom; 

これだけの設定で、タイルのデータソースに出てきます。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190307195113p:plain

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190307195134p:plain

やったぜ。

 

まとめ

  • Blue Prism のダッシュボードタイルで選べるデータソースは、デフォルトで用意されている数では満足できない方がいらっしゃる
  • 自分で任意のカスタム・データソース(要はSQLで書くクエリ)を追加できる

しかし、Twitterを見たりすると、

まだまだ、やれることはたくさんあるよなぁ。

と痛感しますなぁ。。