Enterprise Blue Ocean ◮

神谷町RPAブログ

  • Blue Prism の製品概要がよくわかるWebページ動画取材記事
  • Blue Prism の Azure フリー・トライアルの利用手順はこちら
  • Blue Prism でExcelを操作する記事はこちら
  • Blue Prism のベストプラクティス記事はこちら
  • Blue Prism のユーザー・コミュニティこちら。ぜひご参加ください☆

Blue Prism から SQL Server へ接続する際の接続文字列を簡単に確認する方法

こんにちは、かなりご無沙汰しておりますが「レッドブーツ88」です。

 

今回は環境によって SQL Server への接続文字列が "localhost\SQLEXPRESS" のような形式では接続できず、ホスト名のみを指定しないといけない事象に遭遇したことがあるため、そのような状況や通常通りインスタンス名を指定する状況において手っ取り早く接続文字列を確認する方法を紹介します。

 

手順としては凄く簡単で Microsoft SQL Server Management Studio からログインする際の画面で表示されるサーバー名の内容を確認します。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190311203429p:plain


Blue Prism から SQL Server へ接続する際の [データベースサーバー名] へ上記手順で確認したサーバー名の内容をそのまま指定します。それだけで接続できるはずです。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190311203459p:plain

 

まとめ

  • SQL Server は接続文字列にホスト名のみを指定すれば良い場合がある
  • もっと SQL Server を勉強しないといけない