Enterprise Blue Ocean ◮

神谷町RPAブログ

  • Blue Prism の製品概要がよくわかるWebページ動画取材記事
  • Blue Prism の Blue Prism 事始め!オンボーディングの記事はこちら
  • Blue Prism の Azure フリー・トライアルの利用手順はこちら
  • Blue Prism で Excelを操作する記事はこちら
  • Blue Prism のベストプラクティス記事はこちら
  • Blue Prism のユーザー・コミュニティこちら。ぜひご参加ください☆

Blue Prism でファンクション・キー(F1, F2, ...)を画面に送る

諸事情により、本当にちょっとしたTipsを3連投(くらい?)します。

 

Blue Prism でキー操作を画面に送る

Blue Prism では Global Send Keys という機能と、

Global Send Key Events という機能を使って、

キー操作を画面に送ることができます。

 

Global Send Keys の方が簡易的に使える印象です。

使い方はこちら。

www.ebocean.work

www.ebocean.work

Global Send Key Events は、より厳密にキー操作を

伝えることができます(キーを押す、離すを分けて

記述できる)。

Citrix の自動化の際に活躍します。

 

他にも、Windows API の SendInput を使うことも

出来ますが、これはコーディングを伴うので、

上級者向けです。

www.ebocean.work

 

Blue Prism でファンクション・キー(F1, F2, ...)を画面に送る

ファンクション・キー(F1, F2, ...)を画面に送る際は、

上記のどの方法を使っても可能です。

 

Global Send Keys が一番、簡単だと思います。

例えば F1 を送りたければ、Global Send Keys

入力→値(Value){F1} と入れればOKです。

 

他にどんなキーを送れるかは、

ドキュメント Guide to Send Keys and Send Key Events

portal.blueprism.com

で確認できます(p.6-7)。

 

まとめ

  • Blue Prism でキー操作を送る方法は、複数ある
  • ファンクション・キーはいずれの方法でも送ることができ、Global Send Keys でやると簡単