Enterprise Blue Ocean ◮

神谷町RPAブログ

  • Blue Prism の 製品概要 がよくわかるWebページ動画取材記事
  • Blue Prism の Blue Prism 事始め!オンボーディングの記事はこちら
  • Blue Prism を 無料で利用する 方法はこちら
  • Blue Prism で Excelを操作 する記事はこちら
  • Blue Prism の ベストプラクティス 記事はこちら
  • Blue Prism の 逆引きナレッジ wiki こちら。ご活用ください☆

Blue Prism のキューのアイテムに設定された時間が、世界標準時UTCになっている...?

本当にちょっとしたTips、3つ目です。

 

ワークキューのアイテムに設定された時間が、世界標準時UTCになっている...?

えっ、、本当ですかぁ??・・・と思って、

ワークキューにアイテムを入れて、すぐに取り出してみました。

 ※ 2019/05/06 14:34:00 にアイテムを入れた。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190506152953p:plain

 ※ v6.5 なので、画面がすべて日本語です♪

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190506153033p:plain

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190506153124p:plain

 う わ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ !

 

どうしよう・・・

単純な対処法としては、データアイテム(や環境変数)を

時間間隔(Time Interval)型で作成し、時差を初期設定しておいて、

都度都度、足したり引いたりする方法が考えられます。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190506153303p:plain

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190506153336p:plain

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190506153404p:plain

・・・ちょっとダサいかも。。

 

なお、この振る舞いは仕様のようです。

データシートの Date and Time Handling に記載があります(p.4-5)。

portal.blueprism.com

Dates associated with Work Queues Item records (e.g. created, started, deferred date) are stored as UTC. When viewing work queues in the Control Room the times are converted from UTC to the local time of the user profile.
When interacting with work queues from a process using the Work Queues internal business object, it is expected that all times will be passed to the VBO as UTC. Using non-UTC values will cause unexpected behaviour.

以下、勝手訳↓

ワークキュー項目レコードに関連する日付(例えば、作成日、開始日、延期日)は、UTCとして格納される。 コントロールでワークキューを表示するときには、時刻はUTCからユーザープロファイルの現地時間に変換されます。
ワークキュー内部ビジネス・オブジェクトを使用してプロセスからワークキューと対話するときは、常にUTCとしてVBOに渡されることが予想されます。 UTC以外の値を使用すると、予期しない動作が発生します。

 

まとめ

  • ワークキューアイテムに設定される時刻は、現地時間ではなくUTC(世界標準時)
  • 現地時間に変えるには、時間間隔(Time Interval)型のデータアイテムで時差分を足し算・引き算する必要がある

あんまりカッコよくないかも。。

もっと良い方法をお持ちの方は、ぜひ、コメント欄へ!

(他人任せ)

 

2019/05/14 追記

BPA Object - Utility - Date and Time Manipulation を使って、

UTC ⇔ 現地時間の変換をしても良いかも!

digitalexchange.blueprism.com

(似たようなものではあるが・・・)