Enterprise Blue Ocean ◮

神谷町RPAブログ

  • [特集] Blue Prism の製品概要がよくわかるWebページ動画取材記事
  • [特集] Blue Prism DX にある、Blue Prismの部品一覧はこちら
  • [特集] Blue Prism でExcelを操作する記事はこちら
  • [特集] Blue Prism のベストプラクティス記事はこちら
  • Blue PrismのQ&Aを掲示板(teratail)でやりませんか?

Blue Prism のプール機能を用いると負荷分散が可能です

こんにちは、「レッドブーツ88」です。

 

本日は Blue Prism のプール機能を簡単に紹介します。

 

プール設定例

Blue Prism では以下のように複数の Runtime Resource を束ねるプール機能が提供されております。 

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190524200703p:plain

 

プール設定画面

設定画面は以下のような感じで、プールを用意し、所属する Runtime Resource を指定するだけです。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190524200842p:plain

 

即時実行時にプールが指定可能

以下の画面キャプチャーでは分かり難いのですが、即時実行したいプロセスをプールへドラッグ&ドロップするだけでアイドル状態の Runtime Resource へリクエストが自動的に振り分けられます。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190524201215p:plain

  

スケジュール実行時にもプールが指定可能

スケジュール起動を定義する際にもリソースとしてプールが指定可能です。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190524201412p:plain

 

コマンドラインから実行する場合もプールが指定可能

このような感じで AutomateC.exe を用いてコマンドラインからプロセスを実行する場合もプールを指定することが可能です。もちろん、同時に実行リクエストが投げられた場合は自動的に負荷分散が行われます。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190524201709p:plain

AutomateC.exe については、以下も参照ください。

www.ebocean.work

  

まとめ

  • Blue Prism ではプール機能により複数の Runtime Resource を束ねることができる
  • プールは様々な機能と組み合わせることが可能
  • プールを利用すると負荷分散も容易に実現可能

 

Blue Prism による運用を検討する皆さんに少しでも参考になれば幸いです。