Enterprise Blue Ocean ◮

神谷町RPAブログ

  • [特集] Blue Prism の製品概要がよくわかるWebページ動画取材記事
  • [特集] Blue Prism DX にある、Blue Prismの部品一覧はこちら
  • [特集] Blue Prism でExcelを操作する記事はこちら
  • [特集] Blue Prism のベストプラクティス記事はこちら
  • Blue PrismのQ&Aを掲示板(teratail)でやりませんか?

Blue Prism でアプリケーションモデラーの定義内容をオブジェクト間で共有する

Blue Prism は「プロセス」と「オブジェクト」の2層から

成っている、とキッパリ言ったばかりなのに・・・

 

スマンありゃ(厳密に言うと)ウソだった

 

でも まあ

厳密な使い方をしたい人以外は、だいたい

「プロセス」と「オブジェクト」の2層で済むんだから

良しとするって事でさ・・・

 

 こ ら え て く れ

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190610132601p:plain

 

え!!アプリケーションモデラーの共有を!?

できらぁ!!

いや、普通にできます。大丈夫です。

 

これまで、プロセスとオブジェクトについては、

既にいろいろと書かせていただいてます。

www.ebocean.work

www.ebocean.work

凄いザックリ書くと、プロセスとオブジェクト、

そしてオブジェクトの中にあるアプリケーションモデラーって

こんな関係ですよね。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190610135603p:plain

 

実は、アプリケーションモデラーを共有することで、

こんな風にすることができます。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190610135636p:plain

 

やってみた

まず、オブジェクトを作成して、

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190610135723p:plain

アプリケーションモデラーを定義します。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190610135745p:plain

このあと、オブジェクト初期化(Initialize)左上の箱をダブルクリックし、

情報タブで、共有可能します。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190610141208p:plain

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190610141225p:plain

こうすることで、このオブジェクトで作成したアプリケーション

モデルを、他のオブジェクトで共有できます。

 

たとえば、別のオブジェクトを作成し、アプリケーションモデラー

を開いた際に、別のオブジェクトのアプリケーションモデラーを共有

選択して、親オブジェクトを選べばOKです。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190610142629p:plain

こんな感じになります。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190610142727p:plain

やったぜ。

 

まとめ

  • Blue Prism はプロセスとオブジェクトの2層構造・・・と説明されることが多いが、実際はアプリケーションモデルを共有することで、3層構造にできる
  • オブジェクトにアプリケーションモデルの共有設定をして、他のオブジェクトのアプリケーションモデラーで親オブジェクトとして共有すればOK

 

おとなはウソつきではないのです。

まちがいをするだけなのです・・・。