Enterprise Blue Ocean ◮

神谷町RPAブログ

  • Blue Prism の製品概要がよくわかるWebページ動画取材記事
  • Blue Prism の Azure フリー・トライアルの利用手順はこちら
  • Blue Prism でExcelを操作する記事はこちら
  • Blue Prism のベストプラクティス記事はこちら
  • Blue Prism のユーザー・コミュニティこちら。ぜひご参加ください☆

Blue Prism で Azure の AI 機能を簡単に使うには?

ラスベガスでもらった風邪が

あんまり良くならない・・・に加えて

時差ボケが加わって最強に見える。。

ぐはぁ(錯乱)

 

Blue Prism で Azure Cognitive Services を使うには?

Blue Prism では様々なクラウド/オンプレミスの

AI と接続するための部品(VBOまたはスキル)を

Blue Prism DX というWeb サイトで公開しており、

誰でもダウンロードして活用できます。

digitalexchange.blueprism.com

  

Microsoft の Azure Cognitive Service との

連携部品についても、Blue Prism DX から

ダウンロードして使うことができます。

 

現状は 、以下の3種類が用意されています。

Text Analytics

digitalexchange.blueprism.com

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190723204809p:plain

 

Computer Vision

digitalexchange.blueprism.com

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190723205058p:plain

 

 

翻訳

digitalexchange.blueprism.com

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190723205318p:plain

 

Azure Cognitive Services 向けスキルの入力コレクション

スキルを使おうと思って、スキルをダブルクリック

すると以下のようなスクリーンショットになります。

(スクショは Text Analytics )

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190723210757p:plain

 

・・・こうなったとき、一番、よくわかんないのが

入力のコレクションですよね。

何を入れたらええねん、と・・・

 

 ・・・で、その回答は、それぞれの API ドキュメント

になります。

たとえば、翻訳だと、以下のような入力画面になりますが、

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190723211921p:plain

Translate の API ドキュメントを見ると、

docs.microsoft.com

こんな風に書いてあります。

要求本文 

要求の本文は JSON 配列です。 各配列要素は、Text という名前の文字列プロパティ (翻訳するテキストを表す) を持つ JSON オブジェクトです。

JSON
[
    {"Text":"I would really like to drive your car around the block a few times."}
]

 

こうなると、Text という項目名で、値が入っていれば

良いので、コレクションの中身は以下のように定義します。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190723213635p:plain


たとえば Text Analytics だと、以下のような記述に

なるので、

westcentralus.dev.cognitive.microsoft.com

Request body

 

Collection of documents to analyze.

 

{
  "documents": [
    {
      "language": "en",
      "id": "1",
      "text": "Hello world. This is some input text that I love."
    },
    {
      "language": "fr",
      "id": "2",
      "text": "Bonjour tout le monde"
    },
    {
      "language": "es",
      "id": "3",
      "text": "La carretera estaba atascada. Había mucho tráfico el día de ayer."
    }
  ]
}

"language"、"id"、"text" という3つのカラムを持った

コレクションを用意すればOKです。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20190723214452p:plain

 

要するに、要求(request)の本文(body)の JSON の

形を見て、それに合わせてコレクションを作成すれば

OK・・・なはずです。

たぶん!

 

まとめ

  • Azure Cognitive Services を Blue Prism から使うときは、スキルの入力のコレクションを本文の JSON に合わせよう

 

なかなかシンドイ・・・しかし

まだまだ已まず、

倒れる時は、前のめり~☆