Enterprise Blue Ocean ◮

神谷町RPAブログ

  • Youtube で、あらためて振り返る RPA とは?・・・はこちら☆
  • Blue Prism の Blue Prism 事始め!オンボーディングの記事はこちら
  • Blue Prism を 無料で利用する 方法はこちら
  • Blue Prism で Excelを操作 する記事はこちら
  • Blue Prism の ベストプラクティス 記事はこちら
  • Blue Prism の 逆引きナレッジ wiki こちら。ご活用ください☆

Blue PrismでExcelを操作する<詳細版⑫> MS Excel VBO のアクションの概要と名前を日本語で一覧化する

最近の私;

  • 札幌行ったら
  • 吹雪きにあって
  • 風邪ひいた。。(´Д⊂グスン…

 

MS Excel VBO のアクションの概要と名前を日本語で一覧化する

スマホの皆さま、ゴメンナサイ、

本当にスイマセン、PCで見てください。

 

・・・これが Excel VBO の日本語訳(非公式)だ!

# アクション名 翻訳 処理内容 特記事項
1 Activate Workbook ブックをアクティブにする 任意指定されたワークブックを入力操作可能な状態とする。  
2 Activate Worksheet シートをアクティブにする 任意指定されたシートを入力操作可能な状態とする。  
3 Attach アタッチ Excelと連携し、各種メニュー機能を読み取り、実行が可能な状態にする。 事前にOpen Instanceが実行されている事が前提の部品。最初に検出された識別番号のExcelが対象になる。
4 Attach to workbook ブックへアタッチ 任意指定されたワークブックと連携し、各種メニュー機能を読み取り、実行が可能な状態にする。 事前にOpen Instanceが実行されている事が前提の部品。
5 Close All Instances 全てのExcelの終了 全ての識別番号のExcelを終了する。  
6 Close Current Workbook 現在のブックを閉じる 現在アクティブになっている識別番号のブックを閉じる。  
7 Close Instance Excelの保存と終了 任意指定された識別番号のExcelを終了する。 保存はオプション。
8 Close Workbook ブックを閉じる 任意指定されたExcelブックを閉じる。 保存はオプション。
9 Copy セルのコピー 事前に選択されたセル領域をコピーする。  
10 Copy and Paste Worksheet Range 特定ブックのシート間で値をコピペ 任意指定されたセル領域の値を特定のブック、シート間でコピー&ペーストする。 同一識別番号で開かれたブック間でのコピー&ペーストになる。
なお、値のみの指定は不可。
11 Create Instance Excelの識別番号取得 Excelを起動し、識別番号を取得する。 現在アクティブなExcelの識別番号は、0が割当てられる。
12 Create Workbook ブックを新規作成 任意のパスに指定された名前のブックを新規作成する。  
13 Create Worksheet シートを新規作成 特定のブック内に指定された名前のシートを新規作成する。  
14 Cut セルの切り取り 事前に選択されたセル領域をクリップボードに切り取る。 事前にSelectでセルを選択した上で使う。
15 Delete セルの削除 事前に選択されたセル領域を削除する。 事前にSelectでセルを選択した上で使う。
また、削除後、左か上方向にシフトする。
16 Delete Worksheet 特定のシートを削除 特定のブック内の任意指定された名前のシートを削除する。  
17 Exit Excelの終了 現在アクティブになっているExcelを終了する。  
18 Find Next Empty Cell 指定された方向で次の空白セルを検索 現在アクティブになっているセルを起点に、指定された方向で次の空白セルを検索する。 検索で返ってきたセル位置をアクティブにするか否かはオプション。
19 Format Cell 特定セルの表示形式を指定 任意指定されたセルの表示形式を指定する。 セルに必要な表示形式の指定は、デフォルトの表示形式の名前。例:「一般」またはユーザー定義コードのシーケンス例:「£#、## 0.00 _)
20 Format Current Cell 現在のセルのフォーマットを指定 現在アクティブになっているセルの表示形式を指定する。  
21 Get Active Cell 現在アクティブなセル位置の取得 現在アクティブになっているセル位置を取得する。  
22 Get Active Cell Value 現在アクティブなセル位置の値の取得 現在アクティブになっているセル位置の値を取得する。  
23 Get Cell Value 特定セル位置の値の取得 任意指定されたセル位置の値を取得する。  
24 Get Formatted Cell Value 特定セル位置の書式と値の取得 任意指定されたセル位置の書式と値を取得する。  
25 Get Number Of Rows 特定シートの列数の取得 任意指定されたシートに含まれる行数を取得する。  
26 Get Worksheet As Collection 特定シートから表の取得 任意指定されたシートに含まれる表データを取得する。 シートに値がある起点のセルと終点のセルを結んだ領域全てを表データとして取得する。
27 Get Worksheet As Collection (Fast) アクティブなシートから表の取得 現在アクティブになっているシートに含まれる表データを取得する。 シートに値がある起点のセルと終点のセルを結んだ領域全てを表データとして取得する。
28 Get Worksheet as Collection Offset 特定セル位置の起点から表の取得 任意指定されたシート、起点となるセル領域に含まれる表データを取得する。  
29 Get Worksheet Name N番目のシート名の取得 任意指定された順番のシート名を取得する。  
30 Get Worksheet Names 特定ファイルから全シート名の取得 任意指定されたブックの全てのシート名を取得する。  
31 Get Worksheet Position 特定シート名からシート順番の取得 任意指定されたシート名から、そのシートの順番を取得する。  
32 Get Worksheet Range As Collection 特定セル領域から表の取得 任意指定された起点のセル、終点のセル領域から表データを取得する  
33 Go To Cell セル移動 任意指定されたセル位置に移動する。  
34 Go To Next Cell 特定セル位置取得 現在アクティブになっているセルを起点に任意指定された行列数分移動したセル位置を取得する。  
35 Go To Next Empty Cell Down 下方の値が入っていないセル位置取得 現在アクティブになっているセルを起点に、下方の空白セル位置を取得する。 現在アクティブになっているセルは、Selectで明示的に指定する。
36 Go To Next Empty Cell Left 左方の値が入っていないセル位置取得 現在アクティブになっているセルを起点に、左方の空白セル位置を取得する。 現在アクティブになっているセルは、Selectで明示的に指定する。
37 Go To Next Empty Cell Right 右方の値が入っていないセル位置取得 現在アクティブになっているセルを起点に、右方の空白セル位置を取得する。 現在アクティブになっているセルは、Selectで明示的に指定する。
38 Go To Next Empty Cell Up 上方の値が入っていないセル位置取得 現在アクティブになっているセルを起点に、上方の空白セル位置を取得する。 現在アクティブになっているセルは、Selectで明示的に指定する。
39 Hide ブックの非表示 任意指定された識別番号のExcelを非表示にする。  
40 Hide Other Worksheets 特定シート以外を非表示 任意指定されたシート以外のシートを非表示にする。  
41 Hide Worksheet 特定シートを非表示 任意指定されたシートを非表示にする。  
42 Import CSV CSVのインポート CSVデータを任意指定されたブックのセル領域に取り込む。  
43 Insert セルの挿入 事前に選択されたセル領域を起点にセルを挿入する。 事前にSelectでセルを選択した上で使う。
また、セルの挿入後、左か上方向にシフトする。
44 Is Read Only 読み取り専用か確認 任意指定されたブックが読み取り専用か否かを確認する。 ブックが読み取り専用であることを示す場合はTrue。 書き込み可能であることを示す場合はfalse。
45 Move Worksheet シートの移動 任意指定されたシートを特定のブック間で移動する。 同一識別番号で開かれたブック間でのシート移動になる。
なお、シートのコピーも可能。
46 Open Instance 実行中Excelの識別番号を取得 任意指定されたブック名で現在実行中のExcelから識別番号を取得する。  
47 Open Workbook ブックを開く 任意指定されたファイルパスに基づき、ブックを開き、ファイル名を取得する。  
48 Paste ペースト 任意指定されたブックにクリップボード経由で値を張り付ける。 値のみのオプション指定も可能。
49 Protect Workbook ブックの保護 任意指定されたブックにパスワード保護をする。  
50 Release Instance 特定識別番号のExcelをリリース Excelと連携し、各種メニュー機能を読み取り、実行が可能な状態をリリースする。  
51 Remove Blank Rows 空白行の削除 任意指定された識別番号を持つ、現在アクティブなシートの表データから空白行を削除する。  
52 Run Macro マクロの実行 任意指定されたマクロ名のマクロを実行する。  
53 Save Current Workbook 現在アクティブなブックを上書き保存 現在アクティブなブックを上書きで保存する。  
54 Save Current Workbook As 特定のブックを名前を付けて保存 現在アクティブなブックにおいて、任意指定されたパス、ファイル名でブックを保存する。  
55 Save Workbook 特定のブックを上書き保存 任意指定されたブックを上書き保存する。  
56 Save Workbook As 特定のブックを名前を付けて保存 任意指定されたブックにおいて、任意指定されたパス、ファイル名でブックを保存し、新しいファイル名を取得する。  
57 Select 特定のセル領域を選択 任意指定されたシート、セル領域を選択する。 セル領域の指定の例:
単一セルの場合「A1」、複数セルの場合「A1:B10」
58 Set Cell Value 特定セルへ値の書き込み 現在アクティブなシートにおいて、任意指定されたセルへ値を書き込む。  
59 Set Current Instance 識別番号の指定 任意指定された識別番号を指定する事で、特定のExcelを現在アクティブなExcelに切り替える。  
60 Set Events Enabled イベント機能を有効化 任意指定された識別番号のExcelイベント機能を有効もしくは無効にする。  
61 Set Window Location ウィンドウ配置指定 任意指定された識別番号のExcelの画面内の座標をXY軸を使って指定する。 一番左上は、X=0、Y=0が基点となり、そこから指定されたX、Yの数値で制御される。
62 Set Window Size ウィンドウサイズ指定 任意指定された識別番号のExcelのウィンドウサイズを高さと横幅で指定する。  
63 Set Window State ウィンドウ状態指定 任意指定された識別番号のExcelのウィンドウの状態指定する。 stateは、"normal"(通常)、"min"(最小) もしくは"max"(最大)の何れかで指定する。
64 Show 画面表示 任意指定された識別番号のExcelを画面に表示する。  
65 Split Worksheet 表のブックへの分割 任意指定されたシートにある表データを指定された行数でブックに分割し、特定パスにファイル出力する。 分割されるブック名は、「ブック名_SECTION_nnnn」の命名ルールとなる。
66 Worksheet Exists シートの存在確認 任意指定されたブックに特定のシート名があるかを確認する。  
67 Write Collection 表の書き込み 任意指定されたシート、セル位置から表データを書き込む。  
68 Write To Clipboard クリップボードへの書き込み 現在アクティブなセル位置からクリップボードにあるデータを書き込む。  

やったぜ。(確信)

 

まとめ

  • MS Excel VBO のアクションの概要と名前を日本語で一覧化した

 

斜視が悪化して、1.5m先はモノが2つに見えちゃうように

なって久しかったんだけど、斜視用メガネを買ったら、

世界が変わって見えるようになった。。

What A Wonderful World.