Enterprise Blue Ocean ◮

神谷町RPAブログ

  • Blue Prism 初級者向け
    • Blue Prism を 無料で利用する 方法はこちら
    • Blue Prism の Blue Prism 事始め!オンボーディングの記事はこちら
    • Blue Prism で Excelを操作 する記事はこちら
  • Blue Prism、ちょっと進んだコンテンツ☆
    • Blue Prism の ベストプラクティス 記事はこちら
    • Blue Prism の 逆引きナレッジ wiki こちら
    • Blue Prism を リアルタイムで起動する 方法はこちら
  • RPA、そもそも論!
    • Youtube で、あらためて振り返る RPA とは?・・・はこちら☆

Blue Prism でリアルタイム起動フレームワークを構築する(構想編)

なんか長文になりそう。。

できるだけわかりやすく伝えたい!

(自分で自分のハードルを上げていくスタイル☆)

 

Blue Prism におけるリアルタイム起動

Blue Prism におけるリアルタイム起動は、

いままで、複数の記事で言及してきました。

👇にまとめがあります。

www.ebocean.work

 

どの方式も優れたものであり、

実際にこれらの方式を実装している方も、

少なくないと思います。

 

一方で、上記の方式だけでは

満足しきれない要望があることも事実です。

パッと思いつくところだと、

以下のようなコメントをチラホラ、耳にします。

  • Blue Prism をインストールすることなく起動したい(AutomateC.exe は Blue Prism のインストールが必要)
  • より定型的なフォーム、たとえばPC上で起動できる画面(Blue Prism クライアント.exe?みたいな感じ?)で起動したい(メールやファイルトリガーは、入力する情報のフォーマットが柔軟すぎる)
  • よりリアルタイム性を持たせる(メールやファイル起動よりも…まぁ、完全なリアルタイム性は実現が難しいけど、ちょっとでも早く☆)
  • 実装の仕組みや動作を、より詳細に解説してほしい

そういうわけで、

Blue Prism におけるリアルタイム起動について、

ちょっと別の角度から、

もう少し掘り下げてみたいと思います。

  

社員全員にロボットを配る?

こういう話をすると、、

「社員全員のPCにロボットを配れば、
 リアルタイム起動など簡単!」

…という意見を聞くことがあります。

しかし、このブログでは、

👆の考え方を採用しません

 

理由は👇を参照ください。

www.ebocean.work

 

要するに、

ロボットを個人の持ち物化することは、

  • 費用対効果が上がらない(稼働率が低い
  • 監査セキュリティ運用管理苦労する
  • 業務改革が進まない(ロボットの用途が矮小化する)

といった問題点があるからです。

 

したがって、Blue Prism でリアルタイム起動を

実現するとしたら、

デジタル従業員の考え方にのっとり、

以下のような動作イメージになるでしょう。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20200330182144p:plain

 

このイメージは、

偉大なる先駆者のアセットから

パクった着想を得たものです。

digitalexchange.blueprism.com

(ちょっと改変しています。。

 元のアセットでは、

 作業監督と受付係は同一です)

 

動作イメージを実現するための仕組み

上記の動作イメージを、

Blue Prism の言葉でブレークダウンしていくと、

以下のようになると思います。

(2020/03/30 ちょっと修正しました。。)

f:id:EnterpriseBlueOcean:20200330225950p:plain

…いきなり全体を考えると頭が混乱するので、

まずは最初の部分、

つまり以下のパーツから考えていきたいと思います。

f:id:EnterpriseBlueOcean:20200330182740p:plain

 

まとめ

  • Blue Prismリアルタイム起動の方式は、既にいろいろある
  • ちょっと違った角度から、Blue Prism のリアルタイム起動を掘り下げたい
  • ロボットを全員に配るのではなく、リアルタイム起動を集約して処理する方式を考える

次回は、最初の部分、

実行リクエストを受け付ける部分

を掘り下げます☆

記事はこちら👇☆

www.ebocean.work

 

まとめはこちら👇

www.ebocean.work

 

ソースコードはこちら👇

github.com